ポロロンデザイン事務所

BtoB企業のみなさまへ、デザイン事務所が伝える一歩先行く企業の秘密。中小企業、中堅企業、メーカーBtoB企業のみなさまへ、デザイン事務所が伝える一歩先行く企業の秘密。中小企業、中堅企業、メーカー

2020年の東京オリンピックまであと数年。税制も政治も様々が変化しつつ、これから10年先の自社はどうなっていくのか。希望を言えば“一歩先行く企業”になっていたいと思うものです。 それでは“一歩先行く企業”のイメージを思い浮かべてみてください。

一歩先行く企業とは?

以下のようなイメージが多いかと思います。

  1. 製品が先進的だ
  2. 社屋がオシャレで設備が新しい
  3. 今までより規模の大きな企業と取引を開始している
  4. 取引先から大切にされている
  5. 社員が活き活きしてやる気がある
  6. 求人で良い人材が集まる

実にうらやましいイメージです。だからといって、自社も新製品を開発するのか?社屋を建てるのか?企業コンサルタントを入れるのか?というと、かなりのコストも時間もかかるためすぐにはできません。ですが、そこまでのことをしなくともできることがあります。

身近なところにヒントが!

身近なところにヒントが!

ここで突然ですが、たとえ話として、自分用に新しい車を購入する場合細かな条件は置いておいて、簡単に以下のような行動があるかと思います。

  1. 日ごろテレビCMを見て、5車種くらいカッコいいと憧れていた
  2. 雑誌広告や看板をよく出している車種への憧れが増幅した
  3. ホームページをみてカッコいいところと仕様の良さで3車種に絞り込んだ
  4. 口コミや仕様を比較しほぼ同じ仕様の2車種に絞り込む
  5. ホームページから資料を取り寄せやっぱりカッコいい方の1車種にする
  6. ディーラーにいって交渉し購入する

簡単に出してみても、いきなり購入ではなく、しばらく“カッコいい・憧れ”を持ちつつも絞り込みを経て購入しています。仕様が同じ中でも購入に至った車種には以下の式がうまくいったのでしょう。

 

「車+CMやホームページから得た憧れという相乗効果=購入したい」

 

BtoB企業も似ています。

BtoB企業である自社の場合は?

自社の場合は?

潜在的見込み顧客であるA社が、あなたの会社と契約するまでを簡単に見ていきましょう。

  1. A社の主任が、部長から新たな委託先を探すように言われる
  2. 主任が、インターネットで検索し30社くらいを流し見する
  3. 部長に勧めても大丈夫そうで信頼できそうなホームページの10社に絞り込む
  4. ホームページから必要な仕様を満たした5社に問合せを入れる
  5. 5社と部長も同席で打ち合わせをする。名刺やクリアファイル、パンフレットが素敵で統一感のあるあなたの会社に信頼感を持つ。そうではない他社は、仕事ぶりも雑なのでは?と少し不安になる。部長もあなたの会社に信頼を寄せていることが分かった。
  6. アイミツで値段は上から2番目だったが、信頼できそうなあなたの会社と契約することが決まった

ここからBtoB企業でも以下の式が成り立ちます。

 

「製品+ホームページやパンフレットから得た信頼という相乗効果=契約したい」

 

BtoB企業は、テレビCMをする企業は少ないですから、多くがホームページの検索から選考が始まります。ホームページの検索では、企業の規模に関わらず、同じ「検索結果一覧」という土台での勝負となりますから、貴社より規模の大きい企業に勝つことも視野に入ってきます。ですから、この検索結果一覧からすでに相乗効果を考えた施策をしていくことが、“一歩先行く企業”になるには、重要なことなのです。

BtoB企業にも相乗効果を
“一歩先行く企業”のイメージ4つが実現できる可能性

 

BtoB企業は、
自社製品に自信を持っている企業はたくさんあります。
ですが、相乗効果に気づいていない企業もたくさんあります。

 

相乗効果に気づいていない場合、「ホームページから注文とってないから変えなくていいよ」「もう名刺もあるし、近所の文房具屋さんで封筒もクリアファイルも買えるじゃないか」という方もいると思います。しかし、どうでしょう。

  • ホームページのSEO対策がうまくいってないと、検索結果一覧の上位に表示されなくて→×選考落ち
  • ホームページがかっこ悪いと、企業イメージが悪くなり、すぐにウインドウを閉じられて→×選考落ち
  • パンフレットが古臭いと信頼に不安をもち→×選考落ち

このように、せっかく素晴らしい自社製品をお持ちでも、それを知ってもらう機会を失うばかりか、不安まで持たせてしまっては、売り上げにつながりません。既存の取引先や紹介だけで十分にやっていけている企業でも、この先10年を考えたときそのままで大丈夫でしょうか。

経済活動は、日々変化しています。先ほどのA社の主任のような30歳前後の方は、ほぼインターネットやスマートフォンが当たり前の世代です。人づてで紹介というより、インターネットで検索する方が多いです。同業他社が気づいていないうちに、相乗効果を取り入れて“一歩先行く企業”になっていただくことをおすすめします。

新製品を開発をせず、社屋を建て変えず、企業コンサルタントを入れず、テレビCMを行わなくても、ホームページ、名刺、パンフレットなど身近なツール類からでも、初めにお話しした、“一歩先行く企業”のイメージの3~6は、実現できる可能性が増します。まさに6つのうち4つも実現の可能性が出てきます。

  • 3.今までより規模の大きな企業と取引を開始している
    実は、ホームページからの問合せがきっかけだった
  • 4.取引先から大切にされている
    実は、資料の入った封筒やホームページがしっかりしていることで、「スゴイ企業なのでは?」と思われていたからだった
  • 5.社員が活き活きしてやる気がある
    実は、「名刺が素敵ですね」「ホームページがかっこいいですね」と褒められたり、社員自身も自社ツールを持っていることに優越感すら持っていたからだった
  • 6.求人で良い人材が集まる
    実は、インターネットから応募が当たり前の現在、求職者が、エントリーや面接までの間にホームページを見て、将来性ある素敵な会社かを判断していたからだった

新製品や企業コンサルやテレビCMまでしなくてもできることがお分かりになったかと思います。

そして、今まで相乗効果とお伝えしてきましたが、相乗効果のカギは以下の2点です。

  • 企業・製品のカッコよさや信頼感がうまく伝わる「ブランディング」
  • 各ツールを一直線にクロージングまでつなげる「マーケティング」

ただ作るだけではなく、「ブランディング」と「マーケティング」も採り入れた相乗効果を実施していきましょう。

■余談
スニーカーなどで製造業と思われがちな「ナイキ」は、実は工場を持っていません。工場は外部委託して、自社では企画やマーケティングに集中しています。実にブランディングやマーケティングは重要だということがわかる例ですね。

相乗効果を実現するためには?

「さぁ、どこに頼もうか」となったとき、分業化が進んだ現在、マーケティング会社、ブランディング会社、WEBデザイン会社、紙デザイン会社などに分かれた上、担当も、営業、ディレクター、デザイナー、マークアップエンジニアなど分かれていることが多く、ホームページとパンフレットのデザインが違うものになってしまったり、発注の度に別な会社の担当者と面談したりしなければいけなくなることもあります。かといって、テレビCMまで作るわけではないので、大手の広告代理店までいかなくても大丈夫です。

 

実現するには、マーケティング+ブランディング+デザインのできる会社、且つWEBも紙もデザインできる会社がお勧めです。

 

分業の会社、一人でこなす会社を経験した私の事務所では、専属担当制を採用しています。マーケティング・ブランディングのコンセプトのズレが出やすいデザインまでの作業を専属担当が行い、印刷や広告会社への依頼なども専属担当が見ていきます。そしてWebPRコンサルサービスにご契約の場合は、月に一度お客様とミーティングを行い、先月の施策の効果とこれから実施していくことを一緒に検討しています。

あなたの会社も、“一歩先行く企業”になれるよう、同業他社が気づかないうちに頑張ってみてください。

 

(文:廣田 智江)

 

廣田 智江(ひろた さとえ)
ポロロンデザイン事務所 代表 プロデューサー&デザイナー 
武蔵野美術大学卒。2001年からWebデザイナー、ディレクターを経て、2010年に独立開業。 現在は、企業・学校などのWebPRコンサルタントも行いつつ、企画・デザイン・マークアップ・コーディングなど実務も行っている。

ポロロンデザイン事務所の実績の一部

精密試作歯車メーカーの内野製作所さまからは、名刺、メモ、クリアファイル、封筒、引っ越しはがき、ホームページ、マイクロバスのデザインをご依頼いただきました。
Googleでの検索では、「歯車 試作」1位、「精密 ギア」2位(2016年4月1日時点)となっています。

名刺メモ帳クリアファイル封筒封筒封筒ハガキホームページ
■取引実績の一部
ISIグローバル株式会社 / 株式会社アクロディア  / 株式会社インプレス / 株式会社内野製作所 / エン・ジャパン株式会社  / 株式会社柿安本店 / 株式会社翔設計 / 日本アリバ株式会社 / ビッグローブ株式会社 / 株式会社ホーメスト  / 株式会社マイナビ / その他、専門学校、各種団体など (敬称略、五十音順) ほとんどを直接取引しております。

お問い合わせ

お気軽にお問い合わせ下さい。東京都内でしたら訪問も可能です。公序良俗に反する内容や当事務所規定によりお受けできない場合もございます。

プライバシーポリシー▼
お客様の情報は、次の場合を除きお客様の同意を頂かない限り、第三者に提供することはございません。
・お問い合わせやお取引上に関して必要な範囲。
・法的根拠に基づいて請求された場合。
・提供者がすでに公開しているものや、提供者から公開の指示の出たもの。
必須
会社名
必須
お名前
必須
email
必須
Tel
必須
内容 よろしければ『送信』をクリックしてください。