ポロロン デザイン事務所

競合より一歩上のイメージにしたい5

5. (まとめ)じっくりお話し合いをすることが、一歩上のイメージにつながります

ポロロン解説者

いかがでしたでしょうか。

お客様の情報が「今あるホームページに書いてあることだけ」では情報が足りません。「かっこよくして」だけでもどのようにカッコよくしたいのかお話を伺わないとなりません。

一歩上のイメージにするためには、お客様の会社の歴史・立ち位置やアピールしたい事業・サービス展開などを初めにしっかりデザイン事務所にお伝えください。お客様自身もどういう方向性で一歩上になりたいのかコンセプトをご検討頂いておくとよりステキなものに近づけることができます。ヒアリングの時間はだいたい1~2時間くらいです。この短時間だけで出来上がりが変わってきます。

ポロロンデザイン事務所では、何からしたらいいか分からないというお客様にもこちらからどんどんヒアリングをしていきますので、お客様がご存じの会社や製品のことをお話しください。

ちなみに、ポロロンデザイン事務所はヒアリング→企画→デザインの工程を複数人数ではなく一人の専属の担当が実施していますので、伝言ゲームにならず、ご希望のものができあがってきます。

お客様R課長
(お客様R課長)そうだったのかぁ。今までうまくいかないときはデザイン事務所をコロコロ変えていたんだよね。けど、初めにじっくりヒアリングしてもらうだけでよかったんだ。いつもいろいろ話をしてたつもりが、デザインのことだからってココを黒にしたいとか何をおきたいとかデザインの作業のことばかり話してたっけ。それじゃコンセプトが無いわけで、なんでココを黒にしないといけないのかとか伝わらないはずだ。そんなことより会社や事業のこととホームページで何を伝えたいかをデザイン会社には伝えたら良かったんだね。デザインのことは、その情報を基にデザイン事務所の人が考えてくれることなんだ。なぁーんだ。ラクチンだなぁー☆

 

【株式会社内野製作所様の作例】

パッと見て「歯車」の会社だとわかり、ブランド性も雰囲気から伝わってくるデザインのホームページ
パッと見て「歯車」の会社だとわかり、ブランド性も雰囲気から伝わってくるデザインのホームページ。

新社屋への移転お知らせはがきもホームページと同じイメージで制作。
新社屋への移転お知らせはがきもホームページと同じイメージで制作。

封筒と名刺は、環境のイメージより、「かっこいい歯車メーカー」のイメージを強くしています。
封筒と名刺は、環境のイメージより、「かっこいい歯車メーカー」のイメージを強くしています。

ホームページの他、名刺、封筒、移転はがき、会社案内なども上記と同様のデザインキーワードから制作しています。企業イメージを大切にしブランド化を育成していくには、内野製作所様のように実施していくことをオススメします。

(文:プロデューサー/デザイナー 廣田 智江)

【お客様情報】
株式会社内野製作所様
http://www.uchino-ss.co.jp/